• 家族葬 花*花

『おりん』を鳴らしましょう



一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今回は『おりん』のお話を書いてみたいと思います。


・『おりん』ってなんですか?

おりんは音を出す仏具の1つです。お経の始めや終わり、節目などに音程を取る為に使われます。宗派によって『鏧(きん)』・『鈴(りん)』・『鐘(かね)』などと呼ばれます。

基本的な形はおわん型をしています、おりんを置く為の土台「りん台」とその間に敷く「りん布団」、鳴らすための「りん棒」でひとセットになります。


・『おりん』はなぜ鳴らすのですか?

上にも書いたようにおりんはお経をあげる際に用いるものですので、むやみにやたらに鳴らすものではありませんが、お線香をあげる際などにおりんを鳴らす事があります。これには

1.おりんの澄んだ音で自らを清め、邪気を払う

2.音を出す事で供養の気持ちを届ける

3.合掌の合図として(複数人で合掌するタイミングを合わせる為)

と言われています。


・『おりん』の種類・選び方

現在では様々なおりんが売られています、一見して「これがおりんですか?」と聞きたくなるようなものもあります。浄土真宗の場合は宗旨によっておりんの形が異なる事がありますが、基本的には仏壇や仏壇のあるお部屋に合わせて選んでよいでしょう。音を出す仏具であるため、おりんは大変傷みやすいです。普段のお手入れとしては、おりんに埃や手垢が付かない様にふき取る程度で十分ですが、傷みや日焼け、経年劣化が激しい場合には仏具店へ修理へ出すか新しく買い替えることをお勧めします。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示