• 家族葬 花*花

『中陰』のお話の続き、『生まれ変わる世界』とは


一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今回も『中陰』の続き『生まれ変わる世界』について書いてみようと思います。


・中陰を経て『生まれ変わる』とは

仏教では魂は中陰を経て次の世界に新たに生まれ変わるとされています、それは前世での行いで決まるとされています、前世に罪を犯していても前回述べた『追善供養』で軽減されて生まれ変わる先が決められて行くんですね。


・生まれ変わる『六つの世界』

生まれ変わる先は六つの世界に分けられています。

『天道』…人間の世界より「苦」が少なく「楽」が多い世界

『人間道』…「生老病死愛別離苦」の四苦八苦がある世界

『修羅道』…「怒り」にとらわれ戦い、欲望の尽きない世界

『畜生道』…「弱肉強食」の繰り返される世界

『餓鬼道』…「嫉み」「妬み」の欲望の渦巻く世界

『地獄道』…様々な「苦しみ」を受け続ける世界

これらはあくまでも『生まれ変わる』世界であり一般的にイメージする「天国地獄」とはちょっとニュアンスが違うのかも知れません。

この六つの世界は『六道(りくどう)』と呼ばれています、インドを起源としたもので興味のある方は『六道絵』で検索してみてください。


・『成仏する』とは

仏教において『成仏する』とはこの六道の円から離れることを指します、これを『解脱(げだつ)』と言い、極楽浄土に生まれる事になります、またこれと対になる言葉に『魔(ま)』と呼ばれる世界も存在すると言われています。


今回もかなり簡潔に書いてみました、死後の世界や天国・地獄、生まれ変わりについて書物を調べるとなかなか大変です。『あんまり難しいのは大変!』と仰る方に私がお勧めしたいのは『鬼灯の冷徹』(モーニングKC全31巻・江口夏実・著)と言うコミック本です。ギャグ調なので読みやすいですしコミックなので分かり易く描かれています。

また次回、続きから書いていきたいと思います。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示