• 家族葬 花*花

『今年の漢字』のおはなし



一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

先日、毎年恒例の『今年の漢字』の発表がありましたね、年末の風物詩のひとつでもありますが、今回はそんな『今年の漢字』と言う行事のお話を書いてみたいと思います。


・『今年の漢字』とは

今年の漢字は「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」がその年をイメージする漢字、一字を日本全国から公募して最も応募数の多かった漢字を、「その年を表す漢字」として発表するものです。


・『今年の漢字』を発表する日

今年の漢字は「12月12日」を1・2・1・2で「いい字一字」と読みこれを『漢字の日』としてこの頃に発表されます、曜日などの都合により日程が前後する事もある様です。この漢字の日も日本漢字能力検定協会が制定した記念日になるそうです。


・『今年の漢字』を発表する場所

今年の漢字は毎回、清水寺の森清範(もりせいはん)貫主(かんす・一宗一派の頭領)の揮毫(毛筆で文字や絵をかく事)によって発表されます。これは森貫主が日本漢字能力検定協会の理事を務められていいたからだそうです。


・『今年の漢字』はいつ頃から

今年の漢字は1995年から漢字の素晴らしさや意義を伝える啓蒙活動の一環として始まりました。すでに四半世紀以上も続いている行事なんですね。

毎回、練習なしの一発勝負で行われているとの事です。


まとめ

今年の漢字は12月いっぱいは清水寺の本堂で一般公開されているそうです。これ以外にも様々なその年の世相を表した言葉を発表する催し物が有りますので、ご興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

今回の『金』と言う漢字は今回で4回目の登場だそうです、オリンピックがあるとやはり多くなるんでしょうかね。これも一つの世相ですよね。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示