• 家族葬 花*花

『埋葬』のおはなし



一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今回は『埋葬』のお話を書いていきたいと思います。


・『埋葬』とは

埋葬とは「遺体を土の中に葬ること」つまりは「土葬」すると定義されています、しかし現在の日本ではほとんどの方が「火葬」を行う為、火葬後のご遺骨を収める事を「埋葬」と呼ぶ事が一般的になっています。少し前までは「埋葬」=「お墓にお骨を納める」でしたが、現在様々な状況で色々な「埋葬」の形が登場しています。


・お墓に遺骨を納める『埋葬』

お墓に遺骨を納めるのは日本で最も一般的な埋葬の方法です、お墓の形状や地域によっても納骨の方法は若干異なりますが、お墓の中にある「納骨室(カロート)」と言う空間にご遺骨を納めます。

お墓を建立し埋葬するためには、お墓を建てる場所(霊園や寺院など)を手配し、墓石を購入し、開眼供養を行い、納骨をすると言う手順が必要になります。


・永代供養を依頼する『埋葬』

寺院や霊園などに「永久的」な供養を頼む方法です。関西では天王寺にある『一心寺』様などが知られています。永代供養は「共同」の埋葬地にご遺骨を納めるなどの方法があります。最近では「墓じまい」をされた方の供養先として利用される事があります。

永代供養を依頼する場合には、お預かり頂ける「遺骨の量(お骨壺の大きさ)」や宗派などの制限、ご遺骨が戻ってこない場合が有るなどの事前の確認が必要です。


・納骨堂へ納める『埋葬』

近年増加の傾向にあるのが、納骨堂のご利用です。霊園や墓地は屋外の為天候や管理、また遠方にあるなどの理由から、近くに在り屋内でお参りが出来る納骨堂が選ばれるようになってきました。納骨堂は寺院や宗教法人などで運営されている場合が多いです。

納骨堂をご利用される際には、宗教による制限があるのか、納骨できる量や人数に決まりはあるのか、利用期間とその料金、使用期間が過ぎた後の供養などについて事前に確認しておくと良いでしょう。


・樹木葬、海洋散骨による『納骨』

ご遺骨を「自然に帰す」と言う意味で近年注目をされている「埋葬」の方法です。

ご遺骨の一部もしくは全部をお墓の代わりとしてシンボルとなる「樹木」や「海」へ撒くと言う埋葬の方法です。

樹木葬、海洋散骨の場合にはどこにでも撒いてよいと言うものではなく、霊園や寺院などの「埋葬の許可」を得ている施設、法令や条例などで許可された海域に限られます。また自然に帰すためにご遺骨を粉末状に加工するなどの処置を行う必要がありますので、事前に確認しておきましょう。


・ご自宅での手元供養

埋葬に関してはすぐにしなくてはならないと言うものではありません。大切な方の遺骨をお手元で供養したいと言う方もいらっしゃいます。

お手元供養をされる場合には少量の遺骨を納めるアクセサリーや遺骨からダイヤモンドを精製する、モダンなお骨壺に納めて自宅で供養するなどの方法があります。


・これからの『埋葬』

現代社会において家族の在り方、供養の方法、埋葬の仕方の選択肢や考え方は増えてきています。ただ、時代が移り変わっても根底には「大切な人」を心を込めて供養すると言う気持ちがあります。様々な選択肢の中で自分には家族には、そして先をしっかりと見据えてきちんと話し合いをした上で納得した形の埋葬方法を探してみてはいかがでしょうか。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示