• 家族葬 花*花

『小雪』のおはなし



一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今日、2021年11月22日は二十四節季の「小雪」です。

今回は「小雪」についてのお話です。


・『小雪』とは

「小雪」と書いて「しょうせつ」と読みます、「こゆき」ではありませんので、女優さんのお名前の様ですが、お間違いない様に。

「小雪」は二十四節季の一つで「わずかな雪が降る頃」と言う意味です。北国から雪の知らせが届いたり、山で雪が見られたりする事からこの様に呼ばれています。


・小雪の移り変わり

小雪の間にさらに3段階に移り変わります。

・虹蔵不見(にじかくれてみえず)

 小雪の頃になると日差しも弱くなり、曇り空も増え、空気が乾燥する為に「虹が見えられなくなる」事からこの様に呼ばれています。

・朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

 「朔風」は北風の事で、木枯らしが木の葉を吹き払う様子を表しています。紅葉も終わり、落ち葉の舞う様子からこの様に呼ばれています。

・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

 「橘の実」が黄色く色づき始める頃で、橘は常用樹で葉が枯れることがない植物であるため、その実は「不老不死」の果実と言われているそうです。


・小雪の過ごし方

服装:冬とは言え昼間はそこまで冷え込まない時期であることから、脱ぎ着のしやすい重ね着をすると良いでしょう。


体調:乾燥する時期であることから、手洗いうがいなどの風邪予防、肌荒れなどの乾燥対策をするようにしましょう。


旬のもの:ビタミンCの豊富な「みかん」、白菜やほうれん草などの「葉物野菜」が旬を迎える頃になります。海の幸では「カニ」が旬を迎える頃です。


行事:現在では「勤労感謝の日」とされている11月23日ですが、その前身は五穀の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」が行われ、新米がおいしい季節とされていました。


・小雪と小春日和

「小春日和」と言うと、温かくなり始めた頃を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、「小春」の「小」は『似ているが規模が小さいもの』と言う意味で、冬の始めの穏やかな気候の事を「小春日和」と呼ぶようになったそうです。


まとめ

今回は「小雪」についてお話をさせて頂きました、日本には四季・二十四節季・七十二候と言う季節の暦があります。一つひとつの言葉がとても美しいので、ご興味のある方はぜひ調べてみてください。

この頃からお歳暮の準備も進めていく頃になりますね。

新型コロナウイルス感染症だけでなく、インフルエンザや風邪も流行る時期になってまいりましたので、皆様もご自愛くださいませ。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示