• 家族葬 花*花

『年末年始の葬儀社』のおはなし




一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

ご不幸事と言うものは24時間365日を問わず起こりえる事です。

今回はそう言った場合にどうしたら良いのかについてのお話です。


・葬儀社は年中無休

一般的な葬儀社は「年中無休」で営業していますので、もしもの際には対応はしてもらえるでしょう。12月も29日頃までは通常通りの日程でお葬式を行う事が出来ると考えて頂いて結構です。

葬儀費用に関しても特別料金が掛かると言った事は基本的にありません。

※年末年始における葬儀社の対応例

 ・病院や施設からご安置先への搬送

 ・安置施設(会館)の運営

 ・ご遺体をお守りするためのご処置(ドライアイスなど)


・年末年始の火葬場

火葬場はそれぞれの地域によってお休みが異なります。12月30日~1月3日の間で火葬場によってお休みが異なる為、その間はお葬式を行う事が出来ません。また、この期間に友引が入る事で、休業日が延びる場合もあります。

三が日の間でも営業している火葬場もありますので、正月の内からご葬儀を行うことが出来る場合もあります。


・年末年始の役所

年末の御用納め~年始の御用始めまで6日間は役所の閉庁日で窓口の受付はお休みになっています。お亡くなりの際の死亡届(戸籍)などの届け出に関しては時間外受付にて届け出を行う事が出来ますので、火葬の手続きに関しては行うことが出来ます。

お亡くなり後の手続きに関しては窓口が開いてから行っていただく事になります。


・聖職者へのご配慮

年末年始は聖職者の方も多忙な事が考えられますので、ご都合によってはお葬儀の日程が延びる事が考えられます。


まとめ

年末年始でも葬儀社は大抵営業しておりますので、急な際でもご遠慮なく連絡していただいて結構です。

年末年始だからと言って特別料金が発生する事は基本的にはないですが、日程が延びることが想定されますので、その場合にはご安置に関わる費用が掛かる事が考えられます。

お葬式はご家族や葬儀社だけではなく聖職者(僧侶・宮司・神父など)のご都合が関係してくるため、年末年始は普段よりも予定の配慮が必要になります。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示