• 家族葬 花*花

『手元供養』のおはなし




一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今回は『手元供養』について書いてみたいともいます。


・手元供養とは

手元供養とは故人の「遺骨」を手近なところ(ご自宅など)に安置して供養を行うものを指します。その為、「自宅供養」と呼ばれる事もあります。

一般的な埋葬方法である墓地や寺院に納めたうえで、一部を手元に置く場合や、埋葬を行わずに全てを手元に置く場合も手元供養になります。

近年では遺骨を加工したり、オブジェを作成するなど供養する側の好みや観念で様々な手元供養が行われています。


・手元供養は良くないのか

遺骨を自宅に安置する事が「良くない事」と思われる方もいらっしゃいます、ここで例を挙げてみたいと思います。

 ※法律上の観点

遺骨の埋葬について定められている『墓地、埋葬等に関する法律』には、「定められた墓地以外に埋葬(土に埋める)してはならない」とされています。自宅の庭や他人の土地(国有地を含む)、海や山などに勝手に埋葬や散骨をする事はこれに違反となりますが、手元に置いておくだけであれば「埋葬」には当てはまらない為、問題ありません。

 ※宗教上の観点

ご遺骨を別々の場所に安置したり、加工したりすることが故人に対して良くない事だと思われる方がいらっしゃいます。しかし、仏教ではお釈迦様の遺骨を分骨し祀る為の『仏舎利』を建立していますし、キリスト教でも聖人の遺骨を『聖遺物』として保管し祭儀に用いることもあります。そう言った事からも手元供養が良くないとする根拠は乏しいものだと考えられます。

 ※個人的な観点

「遺骨」と言うものに対して個人的に好むと好まざる場合が有ります。これは各個人の心情で致し方ないものです。手元供養をする際には周囲への配慮もある程度必要になります。


・手元供養のその後

ご自宅などで供養を行っていくと言う事は、『「誰か」が永続的に供養を行う』と言う事です。お手元にあり続けるご遺骨をどの様に受け継いでいくのかを、手元供養を行う事を考えているご自身だけでなく、ご家族や周囲の方と一緒に考えておきましょう。


まとめ

現代では『供養の仕方はこうあるべき』と言った固定観念がだいぶ崩れてきて、家族の形や生活スタイルの変化に合わせて「手元供養」や「埋葬」の在り方も変化しています。

供養で大切なのは、周囲がどうこうではなく「自分たちが故人を大切にしたい思い」だと考えています。それぞれに合ったご供養の方法をお考えいただければと思います。


ご拝読いただき、ありがとうございました。

LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示