• 家族葬 花*花

天台宗について




一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

本日も仏教のお話、今回は『天台宗』について書いてみたいと思います。

ふんわりと語ってまいりますので、温かい目で見てやってください。


・『天台宗』とは

天台宗は伝教大師「最澄(さいちょう)」によって開かれた宗旨になります。本山は滋賀県の大津市にある「比叡山延暦寺」になります。最澄や延暦寺は学校の歴史の教科書にもたびたび登場しますので、聞いたことがある方も多いと思います。


・天台宗のお葬式

天台宗ではご寺院によってご本尊が様々に変わることがあります。「南無阿弥陀仏」の掛け軸を掲げることが多いですが、法華経を上げられることから「南無妙法蓮華経」の掛け軸を上げることもあります。仏像や絵像では「釈迦如来」・「大日如来」・「阿弥陀如来」・「薬師如来」などを掲げることもあります。葬儀社では大抵そのお家の菩提寺様に確認をして掲げていると思いますので、どれでも間違いと言う事はありません。


・『お焼香』の作法

天台宗でのお焼香は左手に数珠を持ち、右手の人差し指・中指・親指の三本でお香を摘まみ『額元まで掲げてから』香鉢にくべます、これを1~3回行いその後両手を合わせて合掌・礼拝してください。


天台宗は最澄が様々な宗旨を学び包括した宗旨になります。「誰もが仏になれる」と言う教えが当時の民衆に浸透し、今でも心のよりどころとされています。

ご拝読ありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同