• 家族葬 花*花

手と手を合わせて『合掌』



一級葬祭ディレクター 家族葬 花*花の内山晃孝と申します。

今回は『合掌』のお話を書いてみたいと思います。


・手を合わせるとは

「いただきます」「ごちそうさまでした」「おねがいします」「ありがとう」「ごめんなさい」日常の何気ない場面や仏事の際に私たちは両手を合わせて『合掌』します。この所作はインドが発祥で仏教の広まっているアジア地域では自然に行われますが、「なぜ?」と聞かれるとご存じない方もいらっしゃると思います。

この『合掌』には「あなたの事を大切に思い、敬意を払います」と言う気持ちを表しています。


・お葬式で行う『合掌』

宗派の違いはあれど、故人に対した際にほとんどの方が手を合わされます。仏教の考えでは右手を「清浄(極楽の世界)」左手を「衆生(人が生きている世界)」とし、手を合わせる事で清めて導きを願うと言う意味を持ちます。手を合わせると言う行為そのものが冥福を祈るジェスチャーとも言えます。


・合掌とは

合掌とは「掌(てのひら)を合わせる」と書きます。手と手を合わせる際には間に何も挟まない様に行いましょう。ハンドバックやハンカチなどを持っている際には近くの台などに置き、数珠を持っている際には人差し指と親指の間に掛けて、掌に挟まらない様にしましょう。


普段の何気ない所作であっても、意味を知る前と知った後では心の持ち方が大きく変わってくるものです。これから手を合わせると言う行為に想いを足せるようになると良いですね。


ご拝読いただきありがとうございました。


LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示