• 家族葬 花*花

葬祭ディレクターとは



こんかいは葬儀屋さんに関わる『資格』についてお話してみたいと思います。


・『葬祭ディレクター』と言う資格について

葬祭の業界には厚生労働省認定の資格があると言う事はあまり知られていませんが、葬儀のプロとしてお仕事に携わるうえでの証明ともなる資格が葬祭ディレクターです。葬祭ディレクター技能審査協会が年に1回開催する試験に合格することでその資格を取得することが出来ます。


・『葬祭ディレクター資格』とは

葬儀の受注から会場の設営、式典の運営進行などに関する能力を測る資格で、合格率は50~70%程度と言われています。階級は『1級』と『2級』に分かれていています。

「葬祭業界に働く人にとって必要な知識や技能のレベルを審査し、認定する制度です。

消費者の身になり、消費者の視線に立っての、細やかで専門性をもったものであることが求められています。葬祭サービスを提供するに相応しい人材であるかを総合的かつ客観的に評価する本制度が重要な役割を担っています。」(葬祭ディレクター技能審査協会一部抜粋)


・『受験資格』

この資格は誰でも受験できるわけではなく、1級は実務経験(葬儀社においての経験)が5年以上、2級は実務経験2年以上と定められています。現在では専門学校などで卒業時に2級の資格試験の受験が出来るところもある様です。2級は一般葬・個人葬まで、1級は大型葬儀・社葬までの知識や経験が求められます。


・『試験』の内容

試験は1・2級ともに学科試験と実技試験からなっています。学科では葬儀葬祭の知識(宗教や歴史、法律問題など)問題が出題されます。実技では筆記による説明問題、葬儀の司会進行・接遇実演、幕張り(設営)が行われます。また試験中には服装やマナーなどもチェックされています。


葬祭ディレクターはあくまでも個人の資格であり、有資格者の居る会社が良い葬儀社で、いない会社は良くない葬儀社と一概に言う事は決してできません。無資格でも長年業務に従事し知識と経験が豊富な方は沢山いらっしゃいます。しかし、ある程度の知識と技能を持ち合わせている事が証明されている資格ではありますので、お客様から安心していただける一つの指針になります。



LINEの公式アカウントを始めました。

まだまだ発展途上ではありますが、ご訪問やお電話よりももっと気軽にご質問やお問い合わせをして頂ける様になればと思っております。

会館にてイベントなどを行う際にも発信をさせて頂きます。

よろしければ『お友達登録』をお願いいたします。



花*花では一級葬祭ディレクターも在籍しております。

24時間365日対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


家族葬 花*花

スタッフ一同


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示